白い巨塔 (1966)

昭和三十八年から山崎豊子が「サンデー毎日」に連載した同名小説を、橋本忍が脚色、山本薩夫が監督した。撮影は宗川信夫。

監督:山本薩夫
出演:田宮二郎、田村高広、東野栄治郎、小澤栄太郎、加藤嘉、下條正巳、船越英二、石山健二郎、滝沢修、加藤武、長谷川待子、藤村志保、小川真由美

白い巨塔 (1966) のストーリー

浪速大学医学部では、明年定年退官となる東教授(東野英治郎)の後任をめぐって、色々な前工作が行なわれていた。東の教え子財前五郎(田宮二郎)は最有力候補と目されていたが、東は五郎の傲慢不遜な人柄を嫌っていた。貧しい家庭に生まれた五郎は人一倍名誉欲が強く、苦学して医学部を卒業した後、裕福な開業医財前又一(石山健二郎)の婿養子となり、その財力を利用して、助教授の地位を手にしたのである。最も五郎は食道外科に関しては若いながら権威者であり、癌の手術をさせると見事な腕前を示した。五郎は日頃から教授と助教授の間には大きな差があることを実感していたから、教授候補者として入念な事前工作を進めていた。その中で、鵜飼医学部長(小澤栄太郎)に高価な絵を贈って味方にしたことは成功だった。一方、東は自分の派閥を拡張したいという含みで、東の出身校東都大学系列である金沢大学医学部の菊川教授(船越英二)を、後任教授に推薦した。その上娘の佐枝子(藤村志保)と結婚させて、退官後の地位を確保しようという思惑もあった。こうして、教授選の日までに、財前、菊川、それに、基礎医学グループや整形外科の野坂教授の推す葛西という三人の候補者が推薦された。

そんなある日、五郎は、同期生である里見助教授(田村高広)の依頼で胃癌患者佐々木庸平(南方伸夫)を手術した。しかし、五郎は、術後に庸平が苦しむ原因を探ろうともしなかった。教授選に気をとられていたのである。庸平は間もなく死んだ。やがて教授選の日、様々な思惑をもって投票が行なわれたが、結局、五郎と菊川が日を改めて決選投票を行うことになった。そうなると、財前又一の金力を背景にもつ五郎が断然有利である。買収、脅迫、あらゆる手段を用いて五郎は教授の地位を手にしたのだった。ところが、間もなく、佐々木庸平の遺族が、五郎に対して誤診の訴訟を起した。これはマスコミの注目するところとなったが、医学界の権威を守ろうとする大学側の証人は、五郎を無罪にしてしまった。そして純粋に医学上の立場から五郎に不利な証言をした里見は、大学を去らねばならなかった。今や、財前五郎の前に敵はなく、白い巨塔の中を自信たっぷりに闊歩するのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 不毛地帯 (1976)

  2. 傷だらけの山河 (1964)

  3. 華麗なる一族 (1974)

  4. 人間の壁 (1959)

  5. 皇帝のいない八月 (1978)

  6. 金環蝕 (1975)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。