人間の壁 (1959)

朝日新聞に連載された石川達三の同名小説を、八木保太郎が脚色し、山本薩夫が監督したもので、日教組を背景とした異色ドラマ。撮影は、前田実。

監督:山本薩夫
出演:香川京子、南原伸二、高橋とよ、宇野重吉、高橋昌也、宇津井健、三ツ矢歌子、多々良純、菅井きん、東野栄治郎、小沢栄太郎、沢村貞子

人間の壁 (1959)のストーリー

S県津田山市。活気のない炭鉱と貧しい漁場の間を街なみが走り、山の麓に小学校があった。新学年が始った。ふみ子(香川京子)は五年三組の担任に決った。夫の健一郎(南原伸二)はS県教組の執行委員である。出世主義者で、家庭では横暴だった。数日後、ふみ子は同僚の須藤(高橋とよ)とともに校長に呼ばれ、退職を勧告された。共稼ぎを理由にして。退職勧告は全国的な規模で行われS県では二六〇人の教師に出された。県当局は、教師の整理で赤字財政を解決しようとしたのだ。国会には教育委員の官選化をめざす法案が提出されていた。--ふみ子と須藤の退職勧告は、組合を通じて正式に拒否された。健一郎は役員改選が迫ると、委員長に立候補した。家を飛び出し、選挙運動に狂奔した。しかし、ふみ子には子供たちがいた。--豪雨が襲った。その雨の朝、教え子の吉男が貨車にひかれて死んだ。普通より三円安いノートを買うために遠い踏切りを渡って行く途中の事故だった。--夏休みの間に、ふみ子は正式に離婚した。選挙に落選した健一郎は東京へ行き、今は立場を変え反動的な論陣をはっていた。ふみ子は、少しずつ組合の仕事に力を注ぎ始めた。最近妻を亡くした沢田先生(宇野重吉)の級で事故が起きた。小児マヒで足の不自由な内村という子を、同級の与田ら三人がからかったのだ。沢田はこれを見て思わず三人を突きとばした。与田の父親は市の消防団長だった。追従する父兄たちが騒ぎ出した。背後には市のボスたちがいた。沢田は辞職を要求された。組合の力は無力だった。そして、追討ちをかけるように、須藤に四回目の退職勧告が出された。沢田が退職届を出した夜、ふみ子は彼のもとを訪れた。海辺を歩きながら、沢田は言葉少なく自分の考えを語った。ふみ子はその声を聞きながら幸福を感じた。翌朝、須藤から辞表を出すことを書き記した手紙が来た。ふみ子は立ち上った。「わたしは今月から、須藤先生の退職勧告をやめさせるために働きます」と宣言した。ふみ子は校長に会うために廊下へ出た。女の先生が皆立ち上った。ふみ子を先頭に彼女たちは歩いて行った。ふみ子は、強く校長室の扉を叩いた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 松川事件 (1961)

  2. アッシイたちの街 (1981)

  3. ペン偽らず 暴力の街 (1950)

  4. 白い巨塔 (1966)

  5. 不毛地帯 (1976)

  6. 金環蝕 (1975)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。