にせ刑事 (1967)

警察官を首になった江戸っ子気質の魚屋の息子が町の不正を懲らしめていると思わぬ事件に巻き込まれる。高岩肇がシナリオを執筆し、山本薩夫が監督した社会派喜劇。撮影は小林節雄。

監督:山本薩夫
出演:勝新太郎、加東大介、吉村実子、姿美千子、伊藤雄之助、山本学、大坂志郎

にせ刑事 (1967)のストーリー

下町で何代か続いた魚屋魚辰の伜、千田寅松(勝新太郎)は生一本の性格に加えて人一倍強い正義感の持主だった。子供の時からの夢であった刑事になれて数カ月のところで、彼は拳銃を紛失してしまった。それを拾ったチンピラが恐喝を働いたことから、寅松はせっかくの刑事をクビになった。これまで家業に精を出さない息子に業を煮やしていた父辰造(加東大介)はこのことをかえって喜んだ。だが寅松はいっこうに家業に身をいれる風もなく、相変らず街に出ては、チンピラと渡り合って正義感を発散させていた。

ある日、国電のホームで若い女性がグレン隊に囲まれて困っているのを見た寅松は例によって飛び出していった。彼が悪漢をはね飛ばしたはずみで、女性はちょうどホームに入ってきた電車に触れ怪我をしてしまった。彼女(姿美千子)は山口美恵子といって幼稚園の保母をしていた。美恵子の入院中に教え子の隆が誘拐されるという事件が起った。責任を感じた寅松は、警察の動きとは別に、刑事生活のカンを活かし独自で犯人を探し出そうと決意した。

数日が経って、某銀行の支店長代理である隆の父、川上三郎(大坂志郎)の所に電話がかかってきた。川上がさる土建会社に五億円の不正融資をしている事実をつかんでいる犯人側は、隆の身代金を五億円とふっかけてきた。狼狽した川上は子供の生命か、銀行の名誉かと悩んだ。一方寅松は偶然、街のタクシー乗場で、いつか駅のホームで乱暴をした男、吉沢(水島直哉)に出っくわした。ふと寅松が吉沢のポケットに目をやると、手がかりの一つである隆の愛読書「大魔神」がのぞいていた。勇みたった寅松の大奮闘の甲斐あって、ついに犯人の居どころはあばかれ、隆も救出された。この事件は融資を受けていた土建会社のライバル会社が、吉沢らを手先に使って仕組んだものだと判明した。“ニセ刑事”寅松のあっぱれな快挙をマスコミは華々しく報道し、寅松は一躍、街の英雄になった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 座頭市牢破り (1967)

  2. にっぽん泥棒物語 (1965)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。