にっぽん泥棒物語 (1965)

高岩肇と武田敦が共同でシナリオを執筆、山本薩夫が監督した喜劇。撮影は仲沢半次郎。

監督:山本薩夫
出演:三國連太郎、北林谷栄、緑魔子、佐久間良子、市原悦子、伊藤雄之助、加藤武、加藤嘉、千葉真一

にっぽん泥棒物語 (1965)のストーリー

窃盗、強盗、置き引き、泥棒の種類も多い中で、林田義助(三國連太郎)はそのトップクラスの“破蔵師”である。狙いをつけた家を詳細に調べあげた末、土蔵に穴を開けて品物をリレーで運び出すと、“ずや師”と呼ばれる盗品買いの処へもってゆき現金に代えるのだ。義助が前科四犯の破蔵師になったのは歯科医の父が死んだあと、母や幼い弟妹を養うため、もぐりの歯科医となるが、戦争で薬が手に入らず、この商売に入ったのがきっかけだった。

こんな義助がある時仲間たちと温泉に遊びにゆき、芸者桃子(市原悦子)に認められ世帯をもつことになった。里帰りする桃子に、手土産をと、盗品を渡したのが、義助にケチをつけ、苦手の安東刑事(伊藤雄之助)につかまって拘置所ゆきとなった。ここで自転車泥棒庫吉(江原真二郎)のもとに弟子入りした義助は、保釈になると庫吉と呉服屋に忍びこみ、巡回中の消防団に追われる破目となった。線路づたいに逃げた義助は、その夜九人の大男とすれちがった。その夜明けのこと、大音響と共に杉山駅で列車転覆事件が起った。桃子に訴えられて刑務所に行った義助は、杉山駅列車転覆事件の犯人だという三人の男に会った。だがその中には小男と足の不自由な男がいた。無実を訴える三人の男を見て、義助はあの夜会った九人の男が犯人ではないかと、不蕃を抱いた。

やがて、堅気になる決心で出所した義助は、ダム工事場で働くと共に、はな(佐久間良子)と結婚し、子供も生れた。平和な生活の中で、義助は前科を隠すことに苦心した。だが、昔の仲間の弟であの事件で国鉄を馘となった健二(山本勝)が、弁護士藤本(加藤嘉)を同伴で、杉山事件の目撃者として証人になって欲しいと訪ねて来た。義助は、安東刑事から“あの犯行は三人でやった”と言わなければ、はなに前科をばらすと脅かされていた。自分の生活を守るため、藤本らの話をけった義助だが、無実の三人が十年の刑を終えたのを聞くと、決心をして、東北高等裁判所へとんだ。あの晩の見たままを語る義助に、安東刑事は、彼の前科をあばいたが、傍聴席から、目顔で応援するはなを見た時、義助は堂々と証言し、裁判官は、義助の証言を全面的にとりあげた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. にせ刑事 (1967)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。